トップ > リアルな遺産相続話 > 相続問題が遺言書で解決した

相続問題が遺言書で解決した

祖父が亡くなっており、私が30代で、結婚して嫁いでいる時のことです。

相続問題

実家は、土地がいくらかあったのですが、いろいろな事情ですぐには売れないような土地となっていました。
祖父母が亡くなって、父の兄弟が遺産を相続することになりました。
法律上とは違って、親をみてきた長男が主に相続をするという風習が近所でもある地域です。
男の兄弟がいれば、分けてという感じになっていました。
しかしです。
親の介護がいるようになっても、何もしない女の兄弟の遠くに住む、私からするとおばさんの家から、遺産相続をしてくれと、まだ、遺産のことなど何も話に出ていない時から申し出がありました。
父は、人が良い人なので、ちょっと待ってと答えたようです。
待ちきれなかったのか、ある日、裁判所からの呼び出しがありました。
申し立てをしたのでしょうが、父も仕事をしていたので、招集がかかるたびに、仕事を休まないと行けないので大変そうでした。
相手のおばは、父の妹になるのですが、ある時、おばが体調が悪くて、出席できない時があったようです。
その時には、驚いたことに、おばの長男の再婚相手が、出席をしていたそうです。
仕事はしていたのでしょうかわかりませんが、法学部出身ということで、色々と知識があるようでした。
どうもこの人の入れ知恵で、遺産分割の申し立てをしたようです。
もしかしたら、主導者だったかもしれません。

遺言書

それから、私の母が、祖母が生前に書いていた、遺言書が出てきました。
全部、長男にやるというものでした。
その遺言書は、効力があるものでした。
しかし、遺産には、遺留分というものが請求できるので、もちろん相手はそれを要求してきました。
恐ろしいもので、裁判所がするのか、弁護士がするのかよくわかりませんが、家の土地や預貯金などの資料を相手が持っていたようでした。
しかし、実際にすぐに渡せるものというと、父の退職金などしかないので、大変でした。
資産がいくらかあっても、それはすぐに処分できない物も多いのです。
更に、人の家の財産を狙っているという人もいるのだなと恐ろしいと思いました。
その従兄弟には、小さい時しか会ったことがありません。
おばもしかりです。
その嫁など話にも聞いたことはありませんでした。